東京ズーネット

  • ご利用案内
    • 開園時間・休園日・入園料
    • 年間パスポート
    • 団体利用について
    • 乳幼児をお連れの方へ
    • 障害のある方、ご高齢の方へ
    • 園内利用施設のご案内
    • ギフトショップ
    • レストラン・ファストフード店
    • よくある質問
  • 交通アクセス
  • 園内マップ
  • イベント情報
    • イベント一覧
    • 定例イベント
  • ジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」
  • ガイドツアー
  • おすすめコース
  • 学校向けご案内
    • 遠足・修学旅行など団体入園のご案内
    • 学校向けプログラム
  • 上野動物園散策アプリサービス
  • どうぶつを知る
    • 東京ズーネットBB
    • どうぶつ図鑑
    • 鳴き声図鑑
    • どうぶつQ&A
    • 動物たちの横顔
  • 保全への取組
    • 生物多様性保全活動宣言
    • 野生生物保全センター
    • 保全と教育普及活動
    • 希少動物の飼育と保全
    • これまでの繁殖賞
    • 東京メダカMAP
    • 環境への配慮
    • 東京動物園協会 野生生物保全基金
    • 東京動物園協会 野生生物保全基金
  • 東京動物園友の会
  • メールマガジン「ZooExpress」
  • 動物園サポーター
    • サポーター制度のご紹介
    • サポーターズディ
    • 登録者リスト
    • 会計報告
  • TokyoZooShop
  • 上野動物園サイン整備事業
  • ズーライブラリー蔵書検索
  • ボランティアについて
  • ご意見・ご要望

東京ズーネットBB

都立動物園マスタープラン (東京都サイトへ)

上野動物園の見どころ

特色

 上野動物園は、東京の都心部にありながら自然とその景観を維持している都市型の動物園で、約350種2,500点の動物を飼育しています。

特徴的な施設

<東園>

 東園は巨樹が鬱蒼とした上野公園の丘陵地に位置しており、中型のサル類を展示しているほか、ジャイアントパンダ舎、ゴリラ・トラの住む森、ゾウのすむ森、クマたちの丘、ホッキョクグマとアザラシの海などがあります。

・ジャイアントパンダ舎

 ジャイアントパンダのリーリー(オス)とシンシン(メス)を飼育しています。詳しくはジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」をご覧ください。

・日本の動物

 表門広場を入ってすぐ左側には、五重塔をバックにエゾシカやニホンカモシカ、日本の野鳥を展示する日本の動物エリアがあります。ここでは、ルリカケスの貯食行動を理解できるよう工夫した展示や、ニホンリスの連結ケージなどが見られます。

・ゴリラ・トラの住む森

 ゴリラ、トラそれぞれの生息地に合わせた植栽を施し、自然に近づけた展示をおこなっています。ニシゴリラは国内外の動物園と協力しあって群れ飼育をおこない、ゆとりある環境で繁殖に取り組んでいます。2013(平成25)年4月にはメスの子ども「モモカ」が誕生し、元気に育っています。

・ゾウのすむ森

 緑と土の放飼場と、群れ飼育ができる6室の寝室を備え、将来の繁殖にも対応できるアジアゾウの施設です。寝室にいるゾウのようすや、プールでの迫力ある水浴び、放飼場での採食や砂浴びなど、さまざまな角度からゾウを見ることができます。

・クマたちの丘

 マレーグマ、ニホンツキノワグマ、ヒグマなど、熱帯から寒帯にかけて広く分布するクマたちの生息地を再現しており、冬には、冬眠するクマの姿を観察できるブースを設けています。

・ホッキョクグマとアザラシの海

 ホッキョクグマが水中で見せるダイナミックな行動を間近に観察することができ、その近くにはホッキョクグマと同じ生息区域にくらすアザラシも展示されています。その他、アシカや、極地に住む鳥たちも展示しています。

・歴史的建造物

 1639(寛永16)年に再建された国重要文化財の旧寛永寺五重塔、藤堂高虎が建て1878(明治11)年に再建された閑々亭、20世紀初頭の日本型ベルサイユ建築の面影を残した旧正門、1931(昭和6)年建造の日本最初のサル山などがあります。

<西園>

西園は、ハスが茂り島が点在する風光明媚な不忍池北側の区域で、キリン、カバ、サイ、ハシビロコウ、アイアイなどアフリカ産の動物、小獣館、両生爬虫類館、家畜動物が中心の子ども動物園などがあります。

・小獣館

 50種以上の小型の動物を展示する施設です。1階では小型の哺乳類、地階では昼夜逆転の展示で夜行性の哺乳類を展示し、同じような環境で時間帯を分けてくらしている動物界のしくみがわかるように工夫しています。

・両生爬虫類館(ビバリウム)

 両生類および爬虫類を、コーナーごとに生息地の自然環境を再現して展示する、ジャングルのような雰囲気が特徴の施設です。
 ヘビやワニ、ガラパゴスゾウガメ、オオサンショウウオ、ヤドクガエルなどが見られます。キーパーズトークや特設展を定期的に開催しています。

・アイアイのすむ森

 国内では上野動物園でしか出会えないアイアイやフォッサをはじめ、キツネザル類などマダガスカル島に生息する動物たちを飼育・展示しています。屋内施設では夜行性のアイアイが活動するようすや餌をとる行動を、不忍池にかかる浮き桟橋では日光浴をするワオキツネザルを観察することができます。

・子ども動物園

 子どもたちが動物と身近に親しむことによって、動物をいたわる気持ち、自然を愛する気持ちを育めるように、戦後まもなく開設されました。キソウマやミシマウシなどの在来家畜も飼育展示しています。2017(平成29)年度内に移転し、新しい子ども動物園としてリニューアルオープンする予定です。

・キリン・カバエリア

 アフリカ、南アメリカ、オーストラリアなど幅広い地域の動物を展示しています。キリンやカバ、サイのような迫力ある大型動物や、オカピ、ツチブタ、ハシビロコウのような珍しい動物に出会えます。

・不忍池

 上野台地と本郷台地の間に位置する天然の池で、堤で3つに分かれているうちの1つの「鵜の池」が、園内の池です。岸辺などを活用して、ツル、ペリカンなどの鳥類を展示しています。冬季には、カモ類、カモメ類が多数飛来します。

ページトップへ