上野動物園・多摩動物公園・葛西臨海水族園・井の頭自然文化園──都立動物園・水族園の公式サイト

東京動物園協会

  • どうぶつを知る
    • 東京ズーネットBB
    • どうぶつ図鑑
    • 鳴き声図鑑
    • どうぶつQ&A
    • 動物たちの横顔
  • 保全への取組
    • 生物多様性保全活動宣言
    • 野生生物保全センター
    • 保全と教育普及活動
    • 希少動物の飼育と保全
    • これまでの繁殖賞
    • 東京メダカMAP
    • 環境への配慮
    • 東京動物園協会 野生生物保全基金
    • ジャイアントパンダ保護サポート基金
  • ジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」
  • 東京動物園友の会
  • TokyoZooShop
  • 年間パスポート
  • 上野動物園 サイン整備事業
  • ズーライブラリー蔵書検索
  • ボランティアについて
  • ご意見・ご要望

都立動物園マスタープラン (東京都サイトへ)

ホタルイカってどうして光るんですか?
イカやタコはどのようにして泳ぐのですか?
ホタルイカってどうして光るんですか?
 昆虫のホタルと同じしくみで光ります。ホタルは「ルシフェリン」という発光物質をもっていて、そこに「ルシフェラーゼ」という酵素が働いて光がつくられます。こうして発するホタルの光は熱をともなわず、「冷光」とよばれています。ただし、発光物質は生物によってすこしずつ異なるので、ホタルイカの場合は「ワタセニアルシフェリン」と名づけられています。「光るイカ」はけっして珍しいものではなく、イカ全種類の半分は発光するんですよ! 発光の方法もホタルイカのように自分で光る種類と、ミミイカのように「光り袋」をもっていて、袋の中のバクテリアが光る種類に大きくわけられます。

ページトップへ

ページトップへ

イカやタコはどのようにして泳ぐのですか?
 イカやタコは外套腔(胴体と内臓の間)に吸い込んだ水を漏斗(ろうと)から勢いよく吹き出し、その反動で水中を進みます。イカは漏斗の向きを変えて、前後どちらへも進むことができます。タコは、ふつうは8本の腕(足のように見える部分)をつかって海底を移動していますが、危険を感じるとやはり漏斗から水を吹き出してすばやく逃げます。イカのなかまにはひれの発達したものが多く、ひれは舵(かじ)の役目をしています。また、イカはひれだけをつかって泳ぐこともできます。たとえばアオリイカは、体側のひれを波状に動かして水中をすべるように前進や後退をします。最近は水族館でイカやタコを飼育しているところが多いので、ぜひ観察してみてください。

ページトップへ

ページトップへ

ページトップへ