上野動物園・多摩動物公園・葛西臨海水族園・井の頭自然文化園──都立動物園・水族園の公式サイト

東京動物園協会

  • どうぶつを知る
    • 東京ズーネットBB
    • どうぶつ図鑑
    • 鳴き声図鑑
    • どうぶつQ&A
    • 動物たちの横顔
  • 保全への取組
    • 生物多様性保全活動宣言
    • 野生生物保全センター
    • 保全と教育普及活動
    • 希少動物の飼育と保全
    • これまでの繁殖賞
    • 東京メダカMAP
    • 環境への配慮
    • 東京動物園協会 野生生物保全基金
    • ジャイアントパンダ保護サポート基金
  • ジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」
  • 東京動物園友の会
  • TokyoZooShop
  • 年間パスポート
  • 上野動物園 サイン整備事業
  • ズーライブラリー蔵書検索
  • ボランティアについて
  • ご意見・ご要望

都立動物園マスタープラン (東京都サイトへ)

ヘビの脱皮はよく知られていますが、カエルやサンショウウオも脱皮をしますか?
ヘビの脱皮はよく知られていますが、カエルやサンショウウオも脱皮をしますか?
 カエルやサンショウウオなど両生類も脱皮をします。ただし、両生類の皮膚は爬虫類ほど角質化していないので、脱皮した皮はうすく、また、ほとんどの種類が脱皮した皮を食べてしまうので、野外では脱皮殻はほとんど見つかりません。しかし、上野動物園では、オオサンショウウオ、コンゴーイール、イモリ、ツメガエル、ヒキガエルなどの脱皮が観察されています。脱皮は、成長にともなって体の表面の古くなった皮をまとめて脱ぐ行動ですが、実験的に脳下垂体や甲状腺を取り去ると脱皮ができなくなることが知られています。このことから、脱皮はこれらのホルモンによってコントロールされていると考えられています。

ページトップへ

ページトップへ

ページトップへ