上野動物園・多摩動物公園・葛西臨海水族園・井の頭自然文化園──都立動物園・水族園の公式サイト

東京動物園協会

  • どうぶつを知る
    • 東京ズーネットBB
    • どうぶつ図鑑
    • 鳴き声図鑑
    • どうぶつQ&A
    • 動物たちの横顔
  • 保全への取組
    • 生物多様性保全活動宣言
    • 野生生物保全センター
    • 保全と教育普及活動
    • 希少動物の飼育と保全
    • これまでの繁殖賞
    • 東京メダカMAP
    • 環境への配慮
    • 東京動物園協会 野生生物保全基金
    • ジャイアントパンダ保護サポート基金
    • 東京湾のトビハゼのいま
  • ジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」
  • 東京動物園友の会
  • TokyoZooShop
  • 年間パスポート
  • 上野動物園 サイン整備事業
  • ズーライブラリー蔵書検索
  • ボランティアについて
  • ご意見・ご要望

都立動物園マスタープラン (東京都サイトへ)


全ての語を含む(AND) いずれかの語を含む(OR)
カイツブリ
写真をクリックすると拡大表示されます。
名称
カイツブリ
飼育園館
上野動物園・多摩動物公園
生息地
日本を含む東アジアの水辺や池
体の大きさ
26cm。カイツブリのなかまでは最小
えさ
野生ではおもに昆虫、魚ですが、軟体動物や甲殻類も食べます。 飼育下では、オキアミ、冷凍アリ、シギ用ペレット(ネコ用、フラミンゴ用、トキ用の各ペレットを等分配合したもの)、ミールワームをあたえています。
特徴
小型で体は丸く、非常に短い尾が特徴です。足指にはひれがあります。おもに水上で生活し、よく泳ぎ、じょうずに潜って魚をつかまえます。上野動物園のバードハウスでは、ガラス越しにカイツブリの泳ぎや潜水を観察することができます。野生では、池や沼の水面に水草などを積みあげて浮き巣をつくり、産卵します。不忍池では一年中カイツブリが観察できます。また、春から夏の繁殖期には、浮き巣や、親の背に乗っているひなを見ることができます。
 
“カイツブリに関連するニュース・催し物はこちら(59件)

ページトップへ