上野動物園・多摩動物公園・葛西臨海水族園・井の頭自然文化園──都立動物園・水族園の公式サイト

東京動物園協会

  • どうぶつを知る
    • 東京ズーネットBB
    • どうぶつ図鑑
    • 鳴き声図鑑
    • どうぶつQ&A
    • 動物たちの横顔
  • 保全への取組
    • 生物多様性保全活動宣言
    • 野生生物保全センター
    • 保全と教育普及活動
    • 希少動物の飼育と保全
    • これまでの繁殖賞
    • 東京メダカMAP
    • 環境への配慮
    • 東京動物園協会 野生生物保全基金
    • ジャイアントパンダ保護サポート基金
    • 東京湾のトビハゼのいま
  • ジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」
  • 東京動物園友の会
  • TokyoZooShop
  • 年間パスポート
  • 上野動物園 サイン整備事業
  • ズーライブラリー蔵書検索
  • ボランティアについて
  • ご意見・ご要望

都立動物園マスタープラン (東京都サイトへ)


全ての語を含む(AND) いずれかの語を含む(OR)
ニホンコウノトリ
写真をクリックすると拡大表示されます。
名称
ニホンコウノトリ
飼育園館
上野動物園・多摩動物公園・葛西臨海水族園・井の頭自然文化園
生息地
アジア東部の草原や湿地
体の大きさ
くちばしの先から尾の先端まで約1.2m、体重約4kg
えさ
魚、カエル、サリガニ、甲虫、バッタなどを食べます。動物園では、アジなどの魚やバッタをあたえています。
特徴
ヨーロッパにいるものはシュバシコウと呼ばれる亜種です。シュバシコウと違う点は、くちばしが黒く、顔のまわりが赤いことです。明治までは日本でも繁殖していましたが、乱獲や高木の切り倒し、農薬などの影響をうけ、現在では絶滅が心配されています。日本各地で熱心な飼育が続けられ、1988年に東京都多摩動物公園で初めて繁殖に成功し、以来毎年ヒナが育ち、2000年には100羽目がふ化しました。特別天然記念物です。
動画
動画
↑クリックすると、動画を見ることができます。
 
“ニホンコウノトリに関連するニュース・催し物はこちら(145件)

ページトップへ