上野動物園・多摩動物公園・葛西臨海水族園・井の頭自然文化園──都立動物園・水族園の公式サイト

東京動物園協会

  • どうぶつを知る
    • 東京ズーネットBB
    • どうぶつ図鑑
    • 鳴き声図鑑
    • どうぶつQ&A
    • 動物たちの横顔
  • 保全への取組
    • 生物多様性保全活動宣言
    • 野生生物保全センター
    • 保全と教育普及活動
    • 希少動物の飼育と保全
    • これまでの繁殖賞
    • 東京メダカMAP
    • 環境への配慮
    • 東京動物園協会 野生生物保全基金
    • ジャイアントパンダ保護サポート基金
    • 東京湾のトビハゼのいま
  • ジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」
  • 東京動物園友の会
  • TokyoZooShop
  • 年間パスポート
  • 上野動物園 サイン整備事業
  • ズーライブラリー蔵書検索
  • ボランティアについて
  • ご意見・ご要望

都立動物園マスタープラン (東京都サイトへ)


全ての語を含む(AND) いずれかの語を含む(OR)
イモリ
写真をクリックすると拡大表示されます。
名称
イモリ
飼育園館
上野動物園・多摩動物公園・葛西臨海水族園・井の頭自然文化園
生息地
日本(北海道、沖縄、対馬、小笠原諸島を除く)の田んぼや池、小川など
体の大きさ
全長はオスで7〜11.5cm、メスで8〜14cm、体重3〜12g
えさ
肉食性で、オタマジャクシや水生昆虫を丸呑みにします。動物園では、主にイトミミズ、レバーをあたえています。
特徴
腹が赤いので、アカハライモリとも呼ばれます。フグに似た毒を持つため、天敵はほとんどいません。冬眠期を除いて、ほとんどを水中で過ごします。4〜7月の繁殖期にはオスの側頭部が紫色に変わります。メスは1回に40個ほどの卵を1個ずつ産み、それぞれを水草の葉で包みます。それを何回かくりかえし、産む卵の数は全部で100〜400個ほどになります。飼育されているものでは20年以上生きるものもいます。
 
“イモリに関連するニュース・催し物はこちら(86件)

ページトップへ