井の頭自然文化園 ino Park Zoo

戻る

井の頭自然文化園の見どころ

● 特色

井の頭自然文化園の敷地面積は、井の頭恩賜公園のほぼ3分の1にあたり、動物園や資料館、彫刻館のある「動物園(本園)」と、水生物館や水鳥の展示がある「水生物園(分園)」に分かれています。あわせて170種を超える動物を飼育しています。

● 特徴的な施設

動物園(本園)

「リスの小径」や「モルモットふれあいコーナー」などの動物展示施設のほかに、武蔵野の面影を残す雑木林を背景に山野草園、シャクナゲ園、ツバキ園、彫刻園など、さまざまな見どころが散在します。ツシマヤマネコ、フェネック、カピバラなども、本園で展示しています。

リスの小径

足元を放し飼いのリスが横切っていきます。かたいクルミを割るところも見ることができるかもしれません。

リスの小径

アジアゾウ

1949年に来日し、1954年に井の頭自然文化園に来た人気者“はな子”。国内では最年長のゾウとして知られていました。残念ながらはな子は2016年5月26日に69歳で死亡しました。

アジアゾウ

モルモットふれあいコーナー

モルモットとふれあうことができます。モルモットの鼓動やぬくもりを感じてみてください(実施時間は10時〜11時30分と、13時30分〜15時)。

くわしくはこちら

  
モルモットふれあいコーナー

いきもの広場

この広場では、なにかを飼育しているのではなく、見られるのはすべて野生の生きもの。生きものをさがしたり、つかまえたりして、生きものとの出会いを楽しむことができます。
毎週日曜日の11時〜12時のみ、時間限定でオープンしています。(1〜3月および11〜12月は、第2日曜日の11時〜12時のみとなります)

くわしくはこちら

「いきもの広場」紹介ビデオ

彫刻園

北村西望(1884〜1987)が長崎の平和祈念像の制作に用いたアトリエ館と、展示館A館・B館、さらに屋外に合わせて約200点の彫刻が展示されています。

彫刻園

スポーツランド

メリーゴーランド、ティーカップなどの乗り物があるミニ遊園地です。

スポーツランド

水生物園(分園)

水生物館と、カモ類やサギ類など水辺にすむ鳥たちの展示があります。水生物館では、日本産淡水魚および両生類の飼育展示と保護増殖をおこなっています。

水生物館

魚類ばかりでなく、両生類、昆虫、植物など、淡水の水辺の生き物を幅広く展示しています。ミヤコタナゴなどの希少種の繁殖にも力を入れています。

水生物館

オシドリ

夏の間のオスはメスと同じような地味な姿で、秋の換羽後に美しく変身します。かつては井の頭池にも野生のオシドリが飛来していました。

オシドリ