ニュース
コビトカバのコユリ、名古屋市東山動植物園へ
 └─2011/11/24

 2009年当園生まれのコビトカバ「コユリ」(右写真)が、名古屋市東山動植物園に移動することになりました。

移動予定日 2011年11月28日(月)

◎コユリについて

性別 メス
年齢 2歳5ヶ月 2009年6月22日生まれ
両親 父親:昭平(ショウヘイ)(21歳)
      1990年11月19日生まれ
      1991年12月2日
       東山動植物園(愛知県名古屋市)より来園

   母親 :エボニー(21歳)
      1989年12月1日生まれ
      1993年3月8日
       セントルイス動物園(アメリカ)より来園

経緯
 「コユリ」は「昭平(ショウヘイ)」と「エボニー」の7番目の子どもにあたり、2009年6月の誕生以来これまで順調に成長してきました。コユリは当園のコビトカバの中でも最も野生個体に体型が近いと思われる、言ってみれば「一番の美人」です。
 昭平は東山動植物園からブリーディングローン契約(※)により借り受けており、繁殖したコユリは名古屋市東山動植物園に帰属する個体です。そこで、このたびコユリを返却することになりました。

※ブリーディングローンについて
 繁殖を目的とした動物の貸借契約のこと。動物園間で個体を移動させることによって、新たなペア形成を促し、繁殖に寄与することを目的としています。

※コビトカバは絶滅危惧種に指定されており、ジャイアントパンダ、オカピと並んで三大珍獣の一つにも挙げられます。

当園での飼育状況
 今回移動するコユリを除くと、4頭(オス1、メス3)になります。


◎関連ニュース
コビトカバの赤ちゃん「コユリ」と命名!(2009年7月)

◎関連動画
コユリが赤ちゃんの頃の映像(2009年7月撮影)

(2011年11月24日)



ページトップへ