ニュース
オーストラリアの森林火災で被害を受けた野生動物を助けよう!
 └─ 2020/01/09

※2020年1月12日追記:多摩動物公園に続き、上野動物園、葛西臨海水族園、井の頭自然文化園でも1月13日に募金箱を設置し、募金を開始します。上野、葛西、井の頭での募金ついてはこちらのお知らせをご覧ください

 オーストラリアでは2019年9月ごろから干ばつと山火事が続き、ニューサウスウェールズ州では8億頭、オーストラリア全土では10億頭以上の動物が被害を受けています。山火事から逃れて生き残った動物たちも、生息環境の悪化により飢えや天敵による捕食の影響を受け、厳しい状況が続いています。

 コアラやオーストラリアの野生動物を飼育している多摩動物公園では、今回の災害で被害を受けた動物たちを救うため、募金箱を設置しました。

 寄せられた支援金は、被災した動物の救助をおこなっているオーストラレーシア動物園水族館協会(ZAA)の「野生生物保護基金」に全額を寄付します。
 オーストラレーシア動物園水族館協会は、オーストラリア、ニュージーランド、南太平洋地域の動物園や水族館で組織される公益法人です。

 みなさまのご協力をお願いいたします。

 設置期間 2020年1月10日(金)〜3月31日(火)
 設置場所 ウォッチングセンター内 案内所

 ※ご協力いただいた方にポストカードをプレゼントします。


 遠方にお住まいの方などで多摩動物公園へのご来園が困難な方は現金書留でも承っています。ご希望の方は、下記の送付先にお送りください。
 なお、現金書留にて募金にご協力いただいた方にはポストカードのプレゼントはいたしませんので、ご了承ください。

 送付先 〒191-0042 東京都日野市程久保7-1-1
     多摩動物公園 コアラ募金 行


(オーストラレーシア動物園水族館協会[ZAA]サイトから転載)


オーストラレーシア動物園水族館協会の「野生生物保護基金」にご自身で寄付をするには

 上記のとおり、上野動物園、多摩動物公園、葛西臨海水族園、井の頭自然文化園では園内の募金箱で募金を受け付けていますが(多摩動物公園は現金書留も受け付けています)、ご自身で直接送金をご希望の場合、方法が3つあります。

・1つは銀行口座への直接送金口座情報や詳細はこちらのDirect Depositですが、ここでは省略します。

・2つめは、オーストラレーシア動物園水族館協会のFacebook経由。PayPal決済とクレジットカード決済が可能です。手続にはFacebookアカウントが必要です。記事本文は英語ですが、Facebookの環境設定が日本語の場合、寄付手続に関する基本事項は日本語で表示されます。こちらのFacebook記事から「寄付する」をクリックし、寄付金額を日本円で入力。
 FacebookとPayPalがリンクされている場合はPayPal用Eメールアドレスが表示されます。クレジットカード決済の場合は「カードを追加」、Facebookと連携されていないPayPalアカウントを利用する場合は「PayPalをリンク」を選択。PayPal会員の方は経験があると思いますので、その後はおわかりになると思います。カードの場合は必要項目を入力し、「寄付する」をクリックして完了。
 なお、通常のFacebook投稿と同様、寄付したことを表示する範囲を選ぶことができます。また、寄付金はPayPal Giving Fund Australiaを介して45日以内に野生生物保護基金に入金されます。決済手数料はFacebookが負担します。

・3つめはオーストラレーシア動物園水族館協会の公式ウェブからリンクされているクラウドファンディング。PayPal決済やクレジットカード決済が可能です。以下に寄付手順をご説明します。※手続にあたっては寄付システムの規約やプライバシーポリシーに同意したことになりますのでご留意ください(英語による詳細はウェブサイト上にリンクがあります)。また、手続にあたっては寄付者ご本人の責任でなされるようお願いいたします。システム上のさらなる詳細については、動物園・水族園では回答差し上げられませんのでご了承ください。

(2020年01月09日)
(2020年01月10日:現金書留での受付について追記)
(2020年01月12日:上野動物園、葛西臨海水族園、井の頭自然文化園での募金開始について追記)


ページトップへ