ニュース
チンパンジーが園内に逃げ出した!?「動物脱出対策訓練」を2/7に実施
 └─2017/01/26

 多摩動物公園では、災害などの緊急事態に備えた動物脱出対策訓練を実施します。この訓練は、年に一度、多摩動物公園と上野動物園で交互に実施しているものです(昨年は上野動物園)。

 今回はチンパンジーの脱出事故を想定し、来園者の避難誘導および脱出動物の捕獲訓練などを、日野警察署と日野消防署の協力のもとで実施します。

 なお、訓練時間中は、来園者のみなさまの訓練エリアへの立入りを制限いたします。どうかご了承ください。


2015年に実施した訓練のようす

訓練の詳細

日時 2017年2月7日(火) 13時30分~14時30分[小雨決行]

場所 アフリカ園チンパンジー舎から正門付近一帯

脱出想定動物 チンパンジー1頭
       ※当園職員がチンパンジーに仮装します。

訓練概要
 「地震によりアフリカ園チンパンジー舎運動場のタワーのワイヤー下部が外れ、ワイヤーにつかまっていたチンパンジー1頭が反動で堀の外へ飛ばされて観覧通路側に脱出した」と想定し、来園者の避難誘導・関係機関への通報・脱出動物の追跡捕獲・負傷者救護などの訓練をおこなうものです。

訓練スケジュール
◎地震によりチンパンジー運動場のタワーのワイヤー下部の留めが外れ、揺れたワイヤーの反動でチンパンジー1頭が園路へ脱出。
      ↓
◎園長は非常配備態勢を発令し、対策本部を設置。来園者の避難誘導、警察署・消防署への連絡。場内の安全確認と応急処置を指示。
      ↓
◎脱出したチンパンジーは「はやし広場」方面へ逃走。
      ↓
◎捕獲隊の車両と遭遇したチンパンジーがチンパンジー舎方向へ逃走。
      ↓
◎捕獲作業中の捕獲隊員1名が背後からチンパンジーの攻撃を受けて負傷、救護を要請。
      ↓
◎応戦されたチンパンジーがコウノトリ側、旧モウコノウマ舎、ノウサギ舎前へと逃走。
      ↓
◎ノウサギ舎前の大勢の捕獲隊員に興奮したチンパンジーが捕獣網に突っ込む。
      ↓
◎応戦した捕獲隊員1名がチンパンジーに突き倒されて負傷、救護を要請。
      ↓
◎ウォッチングセンター前の捕獣網に阻まれ、捕獣網内をうろつく。
      ↓
◎動物病院車が到着。麻酔銃(実物ではありません)を発射。麻酔効果を確認し、捕獲!

取材受付について

 取材をご希望の方は「取材申込書」(PDF)をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、2017年2月6日(月)17時までにFAXにてお申し込みください。
 訓練当日の受付時間は13時〜13時15分、ウォッチングセンター2階の玄関にて受け付けます。ウォッチングセンターは正門を入って歩いて30秒、左手にある建物です。

【注意点】
・当園駐車場の利用は各社1台までです。
・当日は必ず最初に、ウォッチングセンター2階の玄関で受付をしてください。
・自社腕章を着用してください(ない場合は当園貸出しのものを着用していただきます)。
・取材は指定場所でのみとなりますが、取材場所での位置決めは取材申込書でのお申込み順とします。
・取材の際は職員の指示に従ってください。

これまでの猛獣脱出対策訓練・記録ビデオ(東京ズーネットBBより)

 2004年:脱出動物=サイ(上野)
 2005年:脱出動物=ライオン(多摩)
 2006年:脱出動物=ゴリラ(上野)
 2007年:脱出動物=オランウータン(多摩)
 2008年:脱出動物=シマウマ(上野)
 2010年:脱出動物=スマトラトラ(上野)
 2012年:脱出動物=クロサイ(上野)
 2013年:脱出動物=グレビーシマウマ(多摩)
 2014年:脱出動物=ゴリラ(上野)
 2015年:脱出動物=ユキヒョウ(多摩)
 2016年:脱出動物=シマウマ(上野)

(2017年01月26日)


ページトップへ