ニュース
和歌山から来た2羽のオウサマペンギンに、素敵な名前を付けてください!(※投票期間は終了しました)
 └─2015/12/10

 2015年4月に、和歌山県にあるアドベンチャーワールドから繁殖のため葛西臨海水族園に来園したオウサマペンギン2羽に、このたび名前を付けることにしました。
 名前の候補は6組(2羽で1組)。その中から、ふさわしい名前を選んで投票してください。投票用紙は、葛西臨海水族園「ペンギンの生態」エリアに備え付けています。みなさん、素敵な名前を付けてください!


名前を募集する2羽のオウサマペンギン
(※2015年10月29日から展示しています)

1.名前を付けるオウサマペンギン

(1)来園日と展示開始日
 2015年4月21日、葛西臨海水族園に来園
 2015年10月29日、展示開始

(2)名前を付ける個体
・オス 6歳8か月
 2009年3月15日、アドベンチャーワールド生まれ
・オス 3歳9か月
 2012年2月25日、アドベンチャーワールド生まれ

(3)展示場所
 本館「ペンギンの生態」エリア

(4)来園経緯等
 日本国内の動物園や水族館では、オウサマペンギンの繁殖を進める取組みをおこなっています。その取組みの一つとして、新規個体を導入するとともに、繁殖可能な個体を飼育園館同士で移動させ、ペア形成を進めています。
 当園ではこれまでに2羽の繁殖に成功しましたが、繁殖オスの高齢化や群の近親化が問題となってきました。
 そこで、アドベンチャーワールドから新たな血統のオス2羽を迎え入れ、オウサマペンギンの繁殖を一層進めていくことになりました。

2.名前募集について

投票期間
 2015年12月11日(金)〜2016年1月11日(月・祝)

投票方法
 名前は2羽一組で募集します。名前の候補は、以下の6組です。
 「ペンギンの生態」エリアで2羽のようすをご覧いただき、備え付けの投票用紙に記された名前のリストからふさわしい名前を選んで投票してください。

「キイ」と「ワカ」 : 和歌山県の紀伊半島から
「ウメ」と「ミカン」: 和歌山県の名産から
「レイ」と「ロワ」 : それぞれスペイン語、フランス語で「王様」から
「ハク」と「コク」 : 個体識別リングの色から
「ドス」と「ドゥー」: 二羽で来園したことから、スペイン語とフランス語の「2」
「ミライ」と「アス」: 繁殖戦略への期待をこめて

※当園では従来、ペンギン種に名前は付けておりませんでした。しかし、2010年9月8日、上野動物園から当園に初めて来園した4羽のオウサマペンギンには、それまで親しまれてきた名前があったため、オウサマペンギンに限り、他の個体にも親しみやすいよう、すべての個体に名前を付けることにしています。

3.選定方法と結果の発表

 投票の結果、得票数の多い名前に決定します。決定した名前は、2016年2月11日(木・祝)に葛西臨海水族園内で発表をおこないます。また、当日の午後には、オウサマペンギンをはじめとしたペンギン類の繁殖に関するスタッフトークを開催します。
 詳細は、当サイト上でお知らせします。

4.当園での飼育状況

 7羽(オス4羽、メス3羽) ※今回名前を付ける個体含む

・「クール」(オス) 20歳7か月
 1995年5月10日、上野動物園生まれ
 2010年9月8日、葛西臨海水族園来園

・「ソラ」(オス) 4歳3か月
 2011年8月15日、葛西臨海水族園生まれ

・「ウミ」(メス) 8歳3か月
 2007年9月1日、上野動物園生まれ
 2010年9月8日、葛西臨海水族園来園

・「ウララ」(メス) 7歳3か月
 2008年8月24日、上野動物園生まれ
 2010年9月8日、葛西臨海水族園来園

・「リク」(メス) 2歳2か月
 2013年9月17日、葛西臨海水族園生まれ


◎過去のニュース
「和歌山からオウサマペンギン2羽がやってきます」(2015年04月16日)

(2015年12月10日)


ページトップへ