催し物
特設展示「海のゆりかご」第2期 ハンズオン展示オープン!
 └─ 2019/06/20

 2018年11月にオープンした特設展示「海のゆりかご」の第2期展示をオープンします。

 さまざまな生き物たちがくらすサンゴ礁や海草藻場は、「海のゆりかご」とも呼ばれる、生き物が命をつないでいくために重要な場所です。実際に水槽内では生き物の成長も見られます。第2期では海のゆりかごと呼ばれる環境を代表する「サンゴ礁」に焦点を当て、サンゴやそこにくらす生き物とのつながりを楽しく紹介します。

楽しみながら学べる展示
サンゴ礁にくらす魚たち

期間 2019年6月20日(木)~2020年2月29日(土)予定

場所 本館1階「東京の海」エリア 特設展会場

展示内容
① 「海のゆりかご」水槽をみてみよう!
 サンゴや海草などの環境で見られる生き物を水槽の横からのぞいたり、上から観察したりします。水槽の生き物はオープン時と比べて成長が見られ、また展示する生き物の種も増えました。

② 海のゆりかご「サンゴ礁」って何?
 そもそもサンゴ礁とは何なのか? サンゴ礁を構成するサンゴはどのような生き物か、そしてサンゴ礁がどのような環境なのかを探ります。

③ サンゴ礁の生き物のくらしをのぞこう!
 サンゴ礁のさまざまな生き物のくらしを楽しみながら学びます。
 小さな魚になったつもりでかくれている生き物を探す「サンゴ礁を探検しよう!」や、イカになったつもりで獲物を狙う「狙って!イカパッチン」コーナーなど、楽しい仕掛けも用意しています。

④ サンゴ礁だけじゃない海のゆりかご
 水族園の目の前に広がり、多くの船が行き交う東京湾。海草の揺れる磯やアマモ場、干潟など、東京湾にも見られる身近な「海のゆりかご」環境を紹介します。

(2019年06月20日)


ページトップへ