ニュース
鳥インフルエンザウイルスの状況に伴い一部の鳥類の展示を中止します
 └─上野・多摩・井の頭 2017/02/08

 2017年2月3日に東京都足立区で野生のオナガガモ1羽が回収されました。この個体について環境省が遺伝子検査を実施したところ、A型鳥インフルエンザウイルス陽性と確認されました(2017年2月7日、環境省・東京都・千葉県・埼玉県発表)。今後、環境省が高病原性鳥インフルエンザの確定検査を実施しますが、上野動物園、多摩動物公園、井の頭自然文化園では、飼育動物への感染防止のため、一部の鳥類の展示を順次中止します。

 来園者の方々にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 ※画像は井の頭自然文化園のシジュウカラガン(2007年)

1.すでに展示を中止している鳥類

上野動物園
ニワトリ、シチメンチョウ、コハクチョウ、アヒル、コミドリコンゴウインコ、アオメキバタン

多摩動物公園
ヒメウズラ、ムラサキサギ、クロツラヘラサギ、アマサギ、オグロヅル、ソリハシセイタカシギ、ダイシャクシギ、オグロシギ、エリマキシギ、ハマシギ、カイツブリ、カワセミ、オオヨシキリ

井の頭自然文化園
ニワトリ(チャーン)、ニホンキジ、コジュケイ、ウズラ

葛西臨海水族園
※葛西臨海水族園は電気設備の工事のため、2017年2月1日(水)から3月1日(水)まで休園中ですが、3月2日(木)以降、「水辺の鳥」エリアの鳥類(タンチョウ、ニホンコウノトリ、クロツラヘラサギ)の展示を中止します。
※「ペンギンの生態」ではフンボルトペンギンとフェアリーペンギンを公開していますが、観覧エリアに一部制限を設けます。なお、ミナミイワトビペンギンとオウサマペンギンは公開を中止します。

環境省による野鳥監視重点区域解除に伴い、2017年3月24日(金)から展示やイベントを再開します(詳しくはこちら)。

2.2月9日以降、順次展示を中止する鳥類

上野動物園
モモイロペリカン、ニホンコウノトリ、シジュウカラガン、サカツラガン

井の頭自然文化園
オオハクチョウ、コハクチョウ、シジュウカラガン、サカツラガン

展示中止期間

 2017年2月9日から当面の間。
 ※既に展示中止の鳥類は展示中止を継続し、上記「2」の鳥類は2月9日以降順次展示を中止します) 

これまでに実施している対策

都立動物園・水族園共通
 ・鳥類との「ふれあい」の中止
 ・鳥類の「園内放し飼い」の中止
 ・消毒マットによる入退園時の靴底の消毒
 ・園内へ進入する車両等の消毒の実施

上野動物園
 ・西園子ども動物園の鳥類の展示中止(ニワトリ、アヒル、シチメンチョウ)
 ・東園の鳥類の一部の展示中止(五重塔周辺のコハクチョウ、バードハウス1階のコミドリコンゴウインコ、
  バードハウス2階のアオメキバタン)

多摩動物公園
 ・アジア園ウォークインバードケージの閉鎖
 ・園内でのインドクジャクの放し飼い中止
 ・アジア園「水鳥池」のガン類展示中止(水鳥池は池の水を抜き、展示していたガン類は旧類人猿舎に移動)
 ・鳥類の展示中止に伴い以下のイベントを中止
   ①2016年12月24日(土)猛禽類へのクリスマスプレゼント(アジア園フライングケージ)
   ②2017年1月9日(月・祝)「鳥を見よう!ガン・カモ編」
   ③2017年1月29日(日)「翼をつくってみよう──見える羽・見えない羽」

井の頭自然文化園
 ・動物園(本園)のニワトリ(チャーン)の展示中止
 ・動物園(本園)「リスの小径」のニホンキジ・コジュケイ・ウズラの展示中止
 ・水生物園(分園)での鳥類との接触を防ぐための人止め柵の設置
 ・水生物園(分園)で第1・4日曜日に実施しているイベント「ダックさんにお弁当」の中止

葛西臨海水族園
・「水辺の鳥」エリアの鳥類(タンチョウ、ニホンコウノトリ、クロツラヘラサギ)の展示中止
・「ペンギンの生態」のミナミイワトビペンギンとオウサマペンギンの展示中止 ※繁殖期に入ったため展示中止を継続。
・「ペンギンの生態」(現在フンボルトペンギンとフェアリーペンギンを展示)の観覧エリアに一部立入制限
・「ペンギンの生態」エリアでの「エサの時間」ガイド、およびスポットガイドを中止
・「噴水池」及び「汽水池」の除水(野生鳥類の飛来を避けるため)
・「噴水池」は設備の不良箇所の改修のため、当面、水を抜いた状態を継続

※イベントや展示は変更になる可能性があります。最新情報はウェブサイト等でお知らせいたします。

(2017年02月08日)
(2017年02月28日更新)
(2017年03月23日更新)



ページトップへ