催し物
10/28 パンダの日記念イベント「うえのパンダアクション2018」開催
 └─ 2018/10/11

 上野動物園では、1972年10月28日に日本で最初のジャイアントパンダ「ランラン」と「カンカン」が来園したことにちなんで、2012年に10月28日を「パンダの日」と制定しました。

 この「パンダの日」を記念して、「うえのパンダアクション2018」を開催します。「パンダの日」をきっかけにジャイアントパンダにより一層親しんでいただき、皆さまとジャイアントパンダの保全を考える機会にしたいと思いますので、ぜひお越しください。

リーリー(オス)
左:シンシン(メス)と
右:シャンシャン(メス、463日齢時点)

イベント1.つくろう! パンダおりがみ 考えよう! パンダアクション

 現在、絶滅が危惧されるジャイアントパンダは、世界各地で約450頭が飼育されています。各施設で繁殖の取組みが進められており、当園では2017年6月12日にオスの「リーリー」とメスの「シンシン」の間に「シャンシャン」(メス)が誕生しました。しかしながら、野生の生息数は約1,800頭しかいないと言われており(2015年時点)、持続的な保全の取組みが欠かせません。
 そこで、ジャイアントパンダが希少な動物であることを広く知っていただき、パンダを守るために自分たちに何ができるか「パンダアクション」として宣言していただきます。ぜひご参加ください。
 なお、当園は本イベントをとおして、国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)が進めている「想いでつなごう! おりがみアクション」(※1)に参加協力します。

日時 2018年10月28日(日) 10時30分~12時30分(12時受付終了)[荒天中止]

場所 東園 五重塔前

対象 どなたでもご参加いただけます

内容
 ジャイアントパンダのおりがみをつくりながら、希少な動物であるパンダの現状を楽しく学べます。現状を知ったら、パンダを守るために自分たちに何ができるか考え、ご自身のSNS上で「パンダアクション」として行動宣言をしましょう。
 宣言していただいた「パンダアクション」の一部は、ホームページなどでも紹介します。

① パンダのおりがみづくり
 日本の里山や生物多様性保全に寄与する、国産竹を原料100%とした「竹紙」を使ったオリジナルおりがみで、パンダのおりがみづくりを実施します。

②「うえのパンダ大使」(※2)によるジャイアントパンダの解説
 ジャイアントパンダの現状などを「うえのパンダ大使」が伝えます。

③ 参加者がジャイアントパンダを守るために何ができるか宣言
 ジャイアントパンダのためにできることを考え、「パンダアクション」として、当園で用意するアクションシートに記入いただきます。

④ 各自で「パンダアクション」をTwitterもしくはInstagramに投稿
 みなさまの宣言を多くの方に伝えて「パンダアクション」の輪を広げるため、ご自身で考えた「パンダアクション」を記入したアクションシートを撮影し、TwitterもしくはInstagramにハッシュタグ「#うえのパンダアクション2018」をつけて投稿してください。

 みんなのパンダアクションをみるTwitterInstagram

※制作したおりがみはお持ち帰りいただけます。
※アクションシートは当日上野動物園で配布するもの、または当園ホームページからダウンロードしたものを印刷してご使用ください(PDFダウンロードはこちらから)。
※TwitterやInstagramへの投稿は、①~③にご参加いただかなくても可能です。ご自宅など上野動物園の外でもおこなえます

協力 国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)
   中越パルプ工業株式会社

注意事項
  • 「パンダアクション」と認められるものとともにハッシュタグ「#うえのパンダアクション2018」をつけて投稿された場合には、以下の注意事項に同意したものとみなします。万が一同意いただけない場合は参加を中止してください。
  • 当日園内で記入いただいたものと、2018年11月5日までにTwitterやInstagramに投稿いただいたもののなかから厳選した「パンダアクション」は、ホームページおよび上野動物園公式ツイッターなどへの掲載を予定しています。予めご了承のうえご参加ください。
  • 公益財団法人東京動物園協会(以下「主催者」)が公式にて投稿データを使用する場合は、投稿データはTwitter及びInstagramから引用する形で使用いたします。
  • 写真投稿の際は、肖像権などの権利を侵害しないよう十分ご注意ください。撮影者やそのご家族以外の人物が写っている写真を投稿する場合は、事前に必ず被写体の方の許諾を得てください。主催者側では肖像権に関わる責任は負いません。
  • 上記の場合のほか、写真等に応募者以外の第三者の知的財産権が含まれる場合、必ず投稿前に権利者から写真などの使用について使用許諾を得てください。
  • 応募者は、写真などについて自らが投稿することについての適法な権利を有していること、写真などが第三者の一切の権利を侵害していないことについて主催者に対し表明し、保証するものとします。
  • 15歳未満の方は、保護者の同意を得たうえで投稿してください。
  • 投稿に際しては、上記以外にもTwitterおよびInstagramが定める各規約(Twitter 利用規約、Twitter ルール、Instagramサービス利用規約、Instagramルール、ガイドラインを含みますが、これらに限られません)を遵守してください。
  • 園内で撮影する際には、動物に影響を与えるおそれのある行為(動物に向けてフラッシュを使用しての撮影、自撮り棒を動物舎の中に入れての撮影など)、また他の来園者の方のご迷惑になる行為はしないようお願いいたします。
  • 「パンダアクション」の投稿にかかる接続料・通信料は、投稿される方ご自身の負担となります。
  • 本イベントは、Twitter社、Instagram社とは一切関係ありません。
  • 写真の投稿にはTwitterまたはInstagramのアカウントの開設が必要です。
  • 投稿の非公開設定をオンにされている方は、参加対象外になりますのでご注意ください。
  • 以下のいずれかに該当すると判断された場合、参加及び掲載を取り消す場合があります。
 − 本イベントにそぐわない写真投稿
 − 明らかに個人情報とわかるものが写っている写真投稿(電話番号、住所、メールアドレスなど)
 − 広告・宣伝・勧誘に関する表現が含まれている写真投稿
 − 公序良俗に反する投稿
 − 犯罪行為を誘引させる投稿
 − 撮影が許可されていない場所での撮影及び投稿
 − 被写体の許可なしに撮影された写真の投稿
  • 本イベントに参加したこと、またはサイト内に掲載したことに起因するいかなる損失、負債、被害、費用、その他の申立てについて、主催者は一切の責任を負いません。
  • 本イベントの参加者の同意を得ることなく、いつでも本イベントの内容を変更することができることとします。変更内容は方法の如何を問わず、主催者が公表した時点で効果が生じるものとします。

【参 考】
●※1 想いでつなごう! おりがみアクション
 国連生物多様性の10年間(2011年~2020年)、生物多様性の大切さを考えて行動につなげていくために、おりがみを折って未来へのメッセージを書くプロジェクトで、国際自然保護連合日本委員会が進めています。

●※2 うえのパンダ大使
 ジャイアントパンダが大好きな8人の小学生です。パンダの魅力を伝える親善大使の3代目として、2016年8月、公募により選ばれました。

イベント2.パンダの日 スペシャルスポットガイド

 東京動物園ボランティアーズのドーセントグループ(※3)が、ジャイアントパンダのくらしや成長の様子を手作りの教材などを使ってわかりやすく解説します。お気軽にご参加ください。

日時 2018年10月28日(日) 13時30分~14時30分[荒天中止]

場所 東園 五重塔前

内容 以下の展示と解説
   ・シャンシャンの成長記録(実物大写真パネル)
   ・シャンシャン誕生時の実物大ぬいぐるみ
   ・ジャイアントパンダのエサやフン

【参 考】
●※3 東京動物園ボランティアーズ・ドーセントグループ
 「ドーセント」とは、博物館や美術館などの展示解説担当者のことです。ボランティアとして、来園者に向けて動物の説明をする「スポットガイド」などの教育普及活動をおこなっています。
 なお、ジャイアントパンダの解説は、普段は毎週水曜日に実施しています。

(2018年10月11日)
(2018年10月23日:注意事項等を追記)


ページトップへ