ニュース
募金でできたタスマニアデビル自動給餌機:現地からの報告
 └─2018/06/01

 タスマニアデビルは現在、オーストラリアのタスマニア島にしか生息しておらず、「タスマニアデビル顔面腫瘍病」や交通事故によって野生個体は数が減っています。

 タスマニアデビルを飼育展示している多摩動物公園では、2017年6月15日からミニ企画展「What’s タスマニアデビル?」を開催し、12月28日までタスマニアデビル保全のために募金を呼びかけました。多くの方にご協力いただいて集まった74,963円は、タスマニア州政府が取り組んでいる「セイブ・ザ・タスマニアデビル・プログラム」に寄付をしました。ご協力いただいた方々に、あらためてお礼申し上げます。

 そしてこのたび、「セイブ・ザ・タスマニアデビル・プログラム」のプログラム管理者であるデービッド・ペンバートンさんから募金の使用状況についてご連絡をいただきました。日本語に訳してご紹介します。 「セイブ・ザ・タスマニアデビル・プログラム」では募金を随時受け付けています。活動内容や募金について興味がある方は、公式サイトをご覧ください。

Save the Tasmanian Devil Program 公式サイト

〔多摩動物公園教育普及係 近藤奈津子〕

(2018年06月01日)


ページトップへ