ニュース
インドサイ2頭がネパールから到着!──3/29
 3月28日、ネパールからインドサイのペアが到着しました! 2頭が到着するまで多摩動物公園のインドサイは「ター」(オス、5歳)だけでしたが、2001年4月にネパール前国王(当時は皇太子)が訪日された際、両国の友好のシンボルとして日本国民に贈呈するとの表明がありました。そしてこのたび、インドサイの繁殖に実績のある多摩動物公園が2頭を受け入れることになったのです。

 到着したインドサイは「ビクラム」(オス、推定12か月齢)と「ナラヤニ」(メス、推定6~8か月齢)。ビクラムは2001年3月に保護され、飼育されていた個体です。ナラヤニは2001年3月15日にネパールのチトワン国立公園内で捕獲されました。

 インドサイはインド北部、ネパール、パキスタン北部に分布し、湿地帯内の背の高い草むらや葦原で暮らしています。ひだのある鎧(よろい)のような厚い皮膚におおわれ、1本だけある角は長さ60センチに達します。おとなのインドサイの体重は約2,000キログラム!

 約2週間の健康チェックをしてから、みなさんの前に登場します!
(写真はネパールの国立公園で餌をもらうオスのビクラム)



ページトップへ