催し物
10/25 高校生・大学生向け講座「海の学び舎」全3回シリーズ「Researchers of Aquarium──水族園の研究活動」第1回「フィールド調査でわかったユウゼンの生態」開催!
 └─ 2020/0924

 葛西臨海水族園では、第一線で活躍する研究者やナチュラリストが海や川の環境、そこにくらす生き物のおもしろさ、そして研究することの楽しさを紹介する、高校生・大学生向けのシリーズ講座「海の学び舎」を開催します。

 今年度は全3回、葛西臨海水族園における研究にフォーカスします。水族館は生き物を飼育して展示しているだけではありません。飼育技術の向上や繁殖、生息域内外の野生生物の保全などをめざした研究活動を広くおこなっています。

 第1回は、「ユウゼン」の研究を紹介します。日本固有のチョウチョウウオのなかまユウゼンの知られざる繁殖生態について、小笠原父島でのフィールドワークを通して初めてわかったことをお話しします。高校生・大学生の皆さん、ぜひご参加ください。

産卵直前のユウゼンのペア
(左:オス 右:メス)

日時  2020年10月25日(日) 10時~12時

場所  ウェブ会議サービス「Zoom」を使ったリモートで実施

対象  高校生・大学生

定員  50名 ※事前申込制(先着順)

参加費 無料 ※通信料は参加者ご自身の負担となります。

内容
「フィールド調査でわかったユウゼンの生態」
 松村 哲(葛西臨海水族園 調査係)

【要旨】
 おもに伊豆諸島および小笠原諸島に生息する日本固有のチョウチョウウオ「ユウゼン」。分布域が限られていることや特徴的な体色から観賞魚として人気が高く、乱獲の恐れがあるため、「東京都の保護上重要な野生生物種(島しょ部)~東京都レッドリスト~ 2011年版」に留意種として掲載されています。
 葛西臨海水族園では、ユウゼンの保全、さらには小笠原諸島の海洋生態系の保全に発展させることを目的として、現地の方々の協力を得ながら生態調査をおこなっています。今回は、2013年から実施しているフィールド調査により明らかになってきたユウゼンの繁殖生態を中心に紹介します。
 ユウゼンを含むチョウチョウウオのなかまの繁殖生態、特に野外における産卵行動を確認することは非常に難しく、世界でも数例ほどしか観察されていません。これまでの調査でわかってきたユウゼンの生態をはじめ、実際に観察された産卵行動について、調査のようすや動画を交えてお話しします。

松村哲(小笠原にて)

【松村プロフィール】
 1990年埼玉県生まれ。2012年東海大学海洋学部水産学科卒業。2014年東海大学大学院海洋学研究科水産学専攻修了。同年(公財)東京動物園協会入社。葛西臨海水族園調査係配属。
 幼少のころから魚が好きで、海洋学を学べる大学へ進学し、アマゴの生態を研究した。現在は生物の収集、調査業務をおこなっている。

応募方法

 受付フォームで以下のとおりお申し込みください。

 お申込みの際は、@tokyo-zoo.net及び@form.kintoneapp.comからのEメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。特に携帯電話からお申し込みの方はご注意ください。
 なお、お申込み後に自動返信メールが届かない場合は、葛西臨海水族園 教育普及係まで電話にてご連絡ください。

こちらの受付フォームからお申し込みください

 ※外部サイト(kintoneapp.com)に移動します。kintoneapp.comは、トヨクモ株式会社が管理運営するウェブサイトです。今回の講演会参加者募集に際して応募者の方々からご提供いただく個人情報は、トヨクモ株式会社が管理するサーバーに厳重に保管し、目的のための使用終了後、すみやかに削除するなど、厳正かつ適正な運用をおこないます。

 【問合わせ先】葛西臨海水族園 教育普及係 03-3869-5152(代表) ※受付時間は9時30分〜17時
 【締   切】2020年10月22日(木)送信分まで有効

※先着順で受け付けます。
※締切前に定員に達した際は、葛西臨海水族園ウェブサイトでお知らせします。
※お申込みの際ご提供いただいた個人情報は、当該イベントに関するご連絡のみに使用いたします。
 また、データの保管や削除など、個人情報については厳重な管理をいたします。

応募の注意事項

  1. 応募はひとり1回に限ります。また、1回につきおひとり分のみ応募できます。同じ応募者による複数の応募はすべて無効となりますのでご注意ください。
  2. 本企画はウェブ会議サービス「Zoom」を用いて実施します。接続に必要なPC環境はご自身でご用意ください。
  3. このプログラムへの参加は無料ですが、通信料は参加者ご自身の負担となります。
  4. ウェブ会議サービス「Zoom」への接続に必要なURLなどは、参加者にメールにてお知らせします。お申込時に記入いただいたメールアドレス宛に招待メールをお送りします。@tokyo-zoo.netからのEメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。

2020年度の開催予定

 「海の学び舎」は全3回のシリーズプログラムです。毎回異なる内容で実施します。

 第2回 2020年12月中旬 10時~12時(予定)
     テーマ「メンダコの飼育と繁殖(仮)」
     講  師 小味亮介(葛西臨海水族園 飼育展示係)
 第3回 2021年2月28日(日) 10時~12時(予定)
     テーマ「砂の隙間の生き物たち(仮)」
     講  師 田中隼人(葛西臨海水族園 教育普及係)

 ※参加申込みは、回ごとに受け付けます。
 ※詳細・最新情報についてはウェブサイトをご確認ください。

その他
 このイベントは公益財団法人藤原ナチュラルヒストリー振興財団40周年記念事業のひとつとして実施します。

(2020年09月24日)


ページトップへ