「東京めだか」についてもっと知りたい | 東京ズーネット

東京メダカについてもっと知りたい

遺伝子(DNA)から見た日本のメダカのグループ


 全国をみると、いくつものグループに分けられるメダカですが、関東地方には本来、ミナミメダカがすんでいて、特有のDNA型(東日本型または関東型)を持っています。ところが、上の地図からもわかるように、関東地方には、他の地域からのメダカ(瀬戸内海沿岸や北九州地方に特有の型など)が多く持ち込まれています。また、最近の研究ではDNAを調べることにより、観賞用に大量に養殖されているヒメダカ(メダカの黄体色変異品種)とメダカが交雑してしまっていることも確認できるようになりました。
 特に、私たち(都立動物園・水族園)の地元である東京ではこの状況は深刻で、純粋な関東特有の型をもつミナミメダカが少なくなっているのが現状です。そこで、私たちは純粋な東京産であるミナミメダカを「東京めだか」と名づけ、現在調査をしています。

「東京めだか」

「東京めだか」とは、
①東京都内に生息する
②関東地方特有のDNA型(東日本型または関東型)をもつ
③他の場所からの移入の可能性が高いヒメダカに特有の遺伝子を持っていない
④他の地域からの移動、移入の記録や痕跡がない

 つまり、DNA検査と他所からの移入の可能性を検討し、「東京生まれ、東京育ちの家系、他所のメダカの血が混ざっていない純粋の江戸っ子」であると考えられるミナミメダカのことです。

メダカのDNAはどうやって調べるの?

 細胞内の小器官であるミトコンドリア内のDNAを分析します。これは、核内のDNAよりも変異の速度が速く、母系遺伝であるため、近縁な種間や集団間の系統を調べるのに適しています。分析するサンプルは、メダカの尾びれのほんの一部を切り取るだけなので、メダカを生かしたままでも調べることができます。


メダカのDNA分析の様子

「東京めだか」のDNA分析の様子

電気泳動によるDNA分析の結果

電気泳動によるDNA分析の結果

close_bt