冬もほっとな多摩動物公園

  • 上野動物園
  • 多摩動物公園
  • 葛西臨海水族園
  • 井の頭自然文化園

ほっとポイント

ほっとポイント

今年の冬は「みてみよう 日本のいきもの ここがすごい!!」がテーマ。各園の「日本のいきもの」の“実はすごい!”見どころを「ほっとポイント」としてご紹介します。

イノシシ

イノシシ

魅せます! 鼻力

豪快に丸太を転がし、地面をガシガシ掘る、パワフルな鼻! 一方で、ミカンの実をつぶさずに皮をむいたり、どんぐりの殻を割ったりと器用なこともできます。イノシシの生活を支えるこの鼻、すごいのです。

モグラ

モグラ

シャベルよりも高性能!

からだに比べてとても大きな前あしは、丈夫なつめもついていて、パワフルで高性能! 両脇に土をかきわけ、スイスイと進んでいくそのようすはまるで土の中を泳いでいるかのよう!!

タヌキ

タヌキ

魅惑のモフモフボディ!

丸っこくてモフモフ、みなさんが思い浮かべるとおりのタヌキ。実はこれは今だけ限定の姿なのです。寒くて食べ物の少ない冬を生き抜くために脂肪を蓄え、毛皮も厚くなり、夏の姿に比べるとまるで化けたかのように違います。

ノウサギ

ノウサギ

逃げる速さは侮れない

後ろあしがとても長く、あしの裏も大きいことがノウサギの特徴。敵に追われると、この強靭な後あしを使って、最高時速80kmものスピードで走ります。積雪の時にはこの大きな足がかんじきの役割も果たすのです。

フクロウ

フクロウ

目力に自信あり!

大きな目は、暗いところでもわずかな光を集めてよく見えるように。目が正面についているのは、立体視により獲物との距離を正確に測るため。あなたをまっすぐ見つめるのは、眼球だけでなく顔まであなたに向けるため。かわいく見えるフクロウの目は、夜でも狩りをするための工夫が詰まっています。

キジ

キジ

渋いけど派手です!

オスはメスにアピールするために美しい姿をしています。顔は赤く、体は光沢のある緑色で、背中は斑点のある茶色、そして翼と長い尾は灰褐色と渋いながらも派手な色合いです。日本の国鳥で、昔話の「桃太郎」では桃太郎のお供をする、勇ましい鳥です。ちなみに卵を抱いたり、ヒナを守ったりするメスは、地味な茶色をしています。

イヌワシ

イヌワシ

すごいぜ! 握力

イヌワシのからだの筋肉はよく発達しており、とくに獲物を捕らえるためのあしの筋肉は大きく、握力も約100kg近いと言われています。 また、あし先にある曲がったかぎづめは、獲物を突き刺すようにつかむのに適しています。

サキシマカナヘビ

サキシマカナヘビ

木登り名人の魔法のしっぽ

樹上にくらすトカゲで、枝から枝へとするする移動します。そのくらしを支えているのは、先端まで器用に動く魔法のしっぽ(尾)。かなり細いですが、尾だけでぶら下がれるほどの力があります。休んでいるときにもさりげなく尾でからだを固定。そんな尾さばきをぜひご覧あれ。

タガメ

タガメ

田んぼの名ハンター! 武器は前あし!

鎌のように発達した前あし、先端には鋭いつめがついています。タガメは強力な前あしで獲物を捕らえ、針状の口で獲物を麻痺させる消化液を注入。獲物の動きをにぶらせ溶かしながら食べてしまいます。栄養が必要な繁殖期には自分と同じくらいの大きさの魚やカエル、ときにはヘビも捕らえます。

ほっとイベント

ほっとイベント

動物園は冬だって楽しい!
たくさんのイベントで園内を“ほっと”に盛り上げます。

※終了しました

「縄文人がやってきた!縄文人のくらしと動物たち」

身近な動物や植物を上手に利用してくらしていた縄文人のくらしを体験をとおして学ぶプログラムです。

日時 1月12日(土)
13時~15時30分
場所 ワシ・タカ広場
雨天時 ウォッチングセンターで開催

※終了しました

干支の講演会「イノシシは本当に猪突猛進?」

知っているようで知らないイノシシの本当の姿や、イノシシと人の深い関係、また、生態系のなかでのイノシシの役割などについて、2人のイノシシ研究者をお呼びして紹介します。

日時 1月13日(日)
13時~16時
場所 ウォッチングセンター内 動物ホール
定員 100名(事前申込制、申込方法などはこちら

※終了しました

ガイドツアー「Visit ほっと Zoo ツアー 日本の動物シリーズ」

動物解説員によるガイドツアーで日本の動物を紹介します。

日時 1月14日(月・祝)、1月27日(日)、
2月9日(土)、2月24日(日)

11時~
場所 園内(正門前に集合)

※終了しました

サービスガイド工作教室「ニホンジカの「つの」をつくろう」

色紙をつかってニホンジカの角をつくります。ニホンジカを観察してから、角をつくってみましょう! 小さなお子様でもご参加いただけます。

日時 1月6日(日)
13時15分~14時30分
※9時30分から正門前広場(迷子札配布場所付近)で
 整理券を配布
場所 ウォッチングセンター内 動物ホール
定員 先着70名

※終了しました

サービスガイド工作教室「おきあがりタマちゃんをつくろう」

イノシシやノウサギなど日本の動物をモチーフに動物型の起き上がり小法師をつくります。親子で楽しめる内容です。

日時 1月27日(日)
13時15分~14時30分
場所 ウォッチングセンター内 動物ホール
定員 先着70名

※終了しました

ボランティアによる日本の動物スペシャル活動
「どうぶつかんさつビンゴ ニホンザル編」

東京ボランティアーズのドーセントグループが日本の動物の魅力を伝える特別活動。サル山でニホンザルを観察しビンゴに挑戦!

日時 1月6日(日)、1月13日(日)、1月20日(日)、
1月27日(日)

11時~12時
13時~14時30分
場所 アジア園 サル山
定員 先着100名

※終了しました

ボランティアによる日本の動物スペシャル活動
「ニホンカモシカ観察クイズ」

東京ボランティアーズのドーセントグループが日本の動物の魅力を伝える特別活動。ニホンカモシカ舎の前で動物を観察しながらクイズに挑戦!

日時 1月6日(日)、1月20日(日)
11時~12時
13時~14時30分
場所 アジア園 ニホンカモシカ舎

※終了しました

親子向けプログラム
「きいて・みて・さわって 日本の動物 ここがすごい!」

国内のフィールドでさまざまな動物を撮影している福田幸広氏をお呼びし、四季のある日本での動物たちのくらしを写真で紹介。 後半は動物の剥製や毛皮などを飼育担当者と一緒に観察。日本にくらす動物たちの魅力を体感する。

日時 1月27日(日)
13時30分~15時30分
場所 昆虫園本館 昆虫ホール
定員 60名(事前申込制<先着順>、申込方法などはこちら

※終了しました

どうぶつえん寄席

VisitほっとZoo恒例の多摩動物公園「どうぶつえん寄席」。今年は“日本のいきもの”にちなんだ演目をお送りいたします。あたたかいホールでお楽しみください。

どうぶつえん寄席
日時 1月26日(土)
13時30分~15時
場所 ウォッチングセンター内 動物ホール
定員 先着200名
出演者
(敬称略)
隅田川馬石(落語)、江戸家小猫(動物ものまね)、
林家楽一(紙切り)、三遊亭楽大(落語)

おすすめメニュー

おすすめメニュー

この冬限定の“ほっと”なラインナップを取り揃えてお待ちしています

ほっとマシュマロココア

ほっとマシュマロココア

マシュマロのふわふわ&ココアのあま~いテイストをお楽しみください。
300円(税込)
コアラ館下売店、ズーカフェ

ほっとチョコレート

ほっとチョコレート

寒い日に、今夏オープンしたサバンナキッチンで温かいあま~い飲み物で、身体をあたためてください。
280円(税込)
サバンナキッチン

多摩動物公園のツイート

ページトップへ