ニュース
ユキヒョウの赤ちゃん誕生!名前募集します
 └─多摩  2011/06/09

 希少動物であるユキヒョウの赤ちゃんが、多摩動物公園で2年ぶりに誕生しました。まだ展示場で生の姿をお見せすることはできませんが、室内で母親と寄り添う姿をモニター映像でごらんになれます。

 またあわせて、名前を募集します。ご来園のうえ、かわいい赤ちゃんたちに素敵な名前をつけてください。名前の応募はメールや郵便では受け付けておりませんので、ご了承ください。応募は、多摩動物公園にご来園のうえ、「ウォッチングセンター」エントランスに備えつけた用紙に記入して、投票箱に投函してください。

◎ユキヒョウの赤ちゃん公開(モニターによる)

誕生日   2011年5月25日(水)生まれ

頭数・性別 3頭 オス1、メス2

両親
 母親 マユ 12歳 1999年5月4日
      多摩動物公園生まれ

 父親 シンギズ 推定21歳 2000年10月13日
         カザフスタン・アルマティ動物園より来園

※母親の「マユ」は4回目の出産で、2008年にも「シンギズ」との間に1頭の子供を産んでいます。

公開日 2011年6月10日(金)
※親子の状況によっては、録画映像を放映する場合があります。

公開場所 アジア園 ユキヒョウ展示場

当園での飼育状況
 このたび誕生した3頭を含めると、9頭(オス3、メス6)となります。


◎赤ちゃんの名前募集について

募集期間 2011年6月10日(金)~6月17日(金)

応募場所 アジア園ユキヒョウ舎前

 応募場所において誕生からこれまでの成長の様子を映像で紹介します。その映像をご覧いただき、そこに設置してある応募用紙に、赤ちゃんの名前と必要事項(名前、性別、郵便番号、住所、連絡先、年齢)を記入し、投票箱に投函してください。応募は1人1枚のみです。重複応募、記入不備は無効とさせていただきます。
 なお、ご来園いただき、所定の応募用紙で投函いただいたもののみ有効とさせていただきます。ハガキ、メール等による応募は受け付けることができませんのでご了承ください。

名前募集要件
 日本だけではなく世界中で活躍するユキヒョウに日本の百名山にちなんだ名前を付けることにしました。応募場所に山の名前を複数掲出しますので、その中から1つ選んで投票してください。

選定方法
 募集の結果、得票数の多い名前の中から園長と飼育職員で構成する選定委員会で決定します。

その他
 後日、決定した名前を東京ズーネットおよび東京都公式HPに公表するとともに、アジア園ユキヒョウ舎に掲示します。また、決定した名前に投票された方全員に、記念品を送付します。

(2011年06月09日)




ページトップへ