催し物
3/22- 両生爬虫類館特設展示「ハペペ博士の研究所──あしのナゾ」
 └─2017/02/23

 上野動物園の両生爬虫類館(ビバリウム)では、両生類・爬虫類の多様なあしのかたちとその機能について、生きている動物・標本・映像などでわかりやすく解説いたします。
 知られざる両生類・爬虫類の「あし」の秘密を、ぜひ探ってみてください!

展示予定:トウキョウダルマガエル
展示予定:パンサーカメレオン

期間  2017年3月22日(水)~12月28日(木)

場所  西園 両生爬虫類館(ビバリウム)
    エントランスホール内 特設展示コーナー

内容
 カエルなどの両生類や、カメ・トカゲなどの爬虫類のあしには、その役割によっていろいろなかたちが見られます。ジャンプをするためのカエルのあし、貼り付くことができるヤモリやカエルの指先、枝を器用に掴むことができるカメレオンのあし、水を掻くオールのようなオサガメのあしなど、それぞれのくらしに適応したかたちをしています。また、ヘビやヘビトカゲなどのように、あしを退化させたものが多いのも両生類・爬虫類の特徴です。
 この特設展では、ハペペ博士(※)の研究所の中を覗いて、両生類・爬虫類のあしの機能と進化について、楽しみながら学んでいただけます(※※)。

 (※)両生爬虫類学(herpetology)を研究する架空の博士
 (※※)観覧者調査による分析を行い、平成25年度に開催した
    「両生爬虫類鑑『あし』」をリニューアルしました。

展示予定
 ◇生きている動物
  トウキョウダルマガエル、イエアメガエル、パンサーカメレオン、ヨーロッパヘビトカゲ、
  トッケイヤモリ、ボールニシキヘビ など

 ◇標本
  オサガメ(幼体)液浸標本、各種骨格標本 など

(2017年02月23日)
(2017年02月24日更新)


ページトップへ