催し物
多摩動物公園 干支のイベント2018
 └─ 2017/11/24

 2018年の干支は戌。多摩動物公園では、戌年にちなみ、イヌ科の動物であるタヌキとオオカミをテーマにした企画展や講演会、映像上映会やキーパーズトークなどを開催します。

1.干支の企画展①「企画展タヌキ 新年特別編──タヌキの真実が明らかに」

 戌年にちなんだこの企画展は、「タヌキ」がテーマです。「えっ、なんでタヌキなの?」と思った方、ぜひ企画展でその答えを探してください。
 タヌキはとても身近な動物でありながら、その本当の姿はほとんど知られていません。
 この企画展では、週刊誌のスクープ風にタヌキの真実を暴き、パネルや映像で紹介します。タヌキについて楽しく学べること、間違いなし!

期間 2017年12月7日(木)~2018年3月13日(火) 9時30分~16時30分
場所 ウォッチングセンター エントランス


多摩動物公園のタヌキ

2.干支の企画展②「企画展Wolf オオカミのいろいろな顔」

 戌年にちなんだ、「オオカミ」をテーマにした企画展示です。「赤ずきんちゃん」や「三匹のこぶた」など、さまざまな物語で「悪者」として描かれるオオカミは、本当にこわいだけの動物なのでしょうか?
 この企画展では、群れで生活するオオカミの社会性から日本人との関わりまで、こわいだけではないオオカミのいろいろな顔を紹介します。ぜひ、オオカミのいろいろな顔を見つけてください。

期間 2017年12月7日(木)~2018年3月13日(火) 9時30分~17時
場所 アジア園 オオカミ舎


多摩動物公園のオオカミ


3.干支の講演会「タヌキのポン!?」

 里山の動物や都市緑地の動物など、野生動物の生態学研究を長く続けている高槻成紀(たかつき せいき)さんを講師に、タヌキをテーマにした講演会を開催します。
 名前はよく知られているのに、どういう動物なのかはほとんど知られていないタヌキについて、その魅力やタヌキ研究の楽しさを紹介します。また、あわせてタヌキの飼育担当者が、当園で飼育展示しているタヌキについてお話しします。さて、どんなおもしろいタヌキが飛び出してくるでしょうか?

日時  2018年1月13日(土) 13時30分~15時30分
場所  ウォッチングセンター 動物ホール
対象  小学生以上
定員  100名
参加費 無料
内容
 ◆講演1「タヌキのポン!?」
 高槻成紀氏(麻布大学いのちの博物館)
 タヌキを知らない人はいませんが、かといって野生のタヌキを見たことのある人はあまりいませんし、タヌキがどういう動物であることも知られていません。見たこともない恐竜や宇宙のことをよく知っている人がいることを考えると、これはふしぎなことです。2018年は戌年ですが、タヌキもイヌ科なのでタヌキについて勉強するよい機会です。そこでタヌキはどういう動物なのかをお話ししたいと思います。それと同時にタヌキがいれば、まわりにいる動物や植物がつながりをもっていることや、そのことはどう調べればわかるかということも話そうと思います。
 一方、タヌキは人を化かすといわれます。本当に化かすわけではないのですが、なぜ私たちがそう思うようになったか、それにはなにか理由があるはずです。そうしたことも考えながら、人とタヌキのありかたについても考えてみたいと思います。

 ◆講演2「タヌキ山のタヌキたち」
 中島亜美(多摩動物公園 飼育展示課 南園飼育展示係)
 多摩動物公園のタヌキ山には現在7頭のタヌキがくらしています。動物園のタヌキはどんな生活をしているの? 野生と違うところ、同じところは? タヌキ山にすむタヌキたちについて、動画や写真などを交えながら紹介します。

タヌキの「ため糞」の前の高槻成紀氏


応募方法
 往復はがきまたはEメールで以下のとおりお申し込みください。

○往復はがき
 往信面に参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢、代表者の住所・氏名・電話番号を記入し、返信面に代表者の住所・氏名を明記のうえ、以下の宛先までお申し込みください。

  【宛 先】〒191-0042 日野市程久保7-1-1
       多摩動物公園「タヌキ講演会」係
  【締 切】2018年1月7日(日)当日必着

○Eメール
 ponpoko@tokyo-zoo.net宛に、件名を「タヌキ講演会参加希望」とし、本文に参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢、代表者の住所・氏名・電話番号を記入してお送りください。
 お申し込みの際は、@tokyo-zoo.netからのEメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。特に携帯電話からお申し込みの方はご注意ください。

 【締 切】2018年1月7日(日)送信分まで有効

※先着順とします。
 締切前に定員に達した場合は、多摩動物公園ホームページでお知らせします。
※お申込みの際ご提供いただいた個人情報は、当該イベントに関するご連絡のみに使用します。
 また、データの保管や削除など、個人情報については厳重な管理をいたします。

4.干支の映像上映会「オオカミと生きる」

 オオカミの社会性を、オオカミを子どもの頃から育てた人間を通して描いた、アメリカ合衆国のドキュメンタリー映画を上映します。

日時   第1回 2018年1月2日(火) 13時30分~14時30分(開場13時15分)
     第2回 2018年1月3日(水) 13時30分~14時30分(開場13時15分)

場所   ウォッチングセンター 動物ホール
定員   150名
参加   事前申込み不要、参加費無料(※入園料が必要です)
映像提供 NPO法人 地球映像ネットワーク

5.干支のキーパーズトーク&ガイドツアー

① 干支のキーパーズトーク「オオカミのくらし」
 タイリクオオカミの飼育担当者がお話をします。
 日時 2018年1月2日(火)、3日(水) 各日 15時15分~15時30分[雨天中止]
 場所 アジア園 オオカミ舎前

② 干支のガイドツアー「タヌキのくらし」
 多摩動物公園の動物解説員がタヌキをテーマにお話をします。
 日時 2018年1月2日(火)、3日(水) 各日 14時~14時45分[小雨中止]
 場所 アジア園 なかよし広場

◎関連情報
上野動物園の新年イベント2018
多摩動物公園の新年イベント2018
葛西臨海水族園の新年イベント2018
井の頭自然文化園の新年イベント2018

(2017年11月24日)
(2017年11月25日更新)


ページトップへ