Visit ほっと Zoo 2015

冬だから よりいっそう楽しめる
動物園&水族園へ行こう!

カメラを持って動物園・水族園に行こう! ほっとフォトコンテスト

Visit ほっと Zoo 2015「ほっとフォトコンテスト」(テーマ:冬の動物園・水族園のほっとな瞬間)に、たくさんの作品のご応募をいただき、誠にありがとうございました。2015年1月8日〜3月8日の期間中に、大人の部635点、子供の部66点の「ほっと」な写真が届きました。
どれも力作ぞろいの中、見事入選された作品をご紹介します。

ほっとフォトコンテスト総評

プロ写真家が審査! 動物写真家 福田豊文先生
  • 昨年に続き、本年もレベルの高い作品がたくさんありました。
    動物たちに対する作者の愛情が、よく伝わってくるものばかりでした。
    私が撮りたいと思っていた写真を、ずばり先に越され、ちょっぴり悔しくもあり、羨ましくも思ったりしました。
  • 入賞作品は、ほのぼのとした暖かみの中に、瞬間的な面白さもあり、なかなか偶然の出会いだけでは撮れないような作品ばかりだと感じました。
  • 今回の作品で気になったのは、井の頭での小動物たちの愛らしいシーンを撮った作品です。
    見た目も可愛い分、類似した作品が、目立ちました。
    撮影の際に、ちょっとした工夫をすることで、キラリと輝く個性ある作品になると思います。
    入賞作品などを参考に、ぜひまたチャレンジしてみてください。
  • 動物園は年々、進化しています。
    カメラ機材もまた進化して、これまで撮れなかったようなシーンも撮れるようになってきました。ますます動物園での撮影が楽しめる時代になりました。
    このコメントを書いている最中にも、動物たちの様々なシーンが頭にちらつき、一刻も早くカメラを持って会いに行きたくなりました。
    さぁ、皆さんもカメラを持って、動物園・水族館に出かけましょう!

入賞作品:大人の部

最優秀賞

#

「クルミ発見!」

うーちゃんさん

餌タイムが待ちきれないリスさん。
水中に割れたクルミを見つけたようです。
果たして中身はあったのか…。

井の頭自然文化園

審査員から
真冬の動物園とは思えないような光景です。
見ているだけで心までポカポカ暖まるような作品です。
逆光をうまく生かし、毛並みが美しく光り輝き、立体感も出ています。
クルミを食べるリスの表情もよく分かります。
今回のテーマ(冬の動物園・水族園のほっとな瞬間)にぴったりの作品だと思います。
この写真を見た人は、こんなシーンとの出会いを求めて、動物園に行きたくなるのではないでしょうか。

優秀賞

#

「池畔にて」

ぷくちゃんさん

不忍池で撮りました。
まるで青春映画のワンシーンのようです。

上野動物園

審査員から
キラキラと輝く水面、2羽が寄り添い何か語りかけている様なロマンチックなシーンに心惹かれます。
逆光で撮影しているにもかかわらず、シルエットではなくペリカンの表情もしっかり見えています。
巧みなフィルターワークで、キラキラと輝く水面の美しさを、さらに引き立てています。
淡くほのぼのとした暖かみを感じる作品です。

園長賞

#

「親子仲良く」

コマックスさん

カメラを向けたら笑ったのでその時に撮りました。

上野動物園

#

「水浴び」

やまさん

春の気配が近づいてきた2月末日、
多摩動物公園にて撮影した写真です。
ぽかぽか陽気の中、とても気持ちよさそうに水浴びする
アムールトラの表情に癒されました。

多摩動物公園

#

「よく来たなぁ。」

nacoさん

大きいなぁ、と覗き込んでいたら
ぐるりと泳いでこちらをちゃんと見てくれました。
スタンプラリーを回って最後の葛西臨海水族園で、
よくきたなぁと労ってくれているようでした。
そんな瞬間をパチリ?

葛西臨海水族園

#

「お目覚め」

kazさん

丸くなって寝ていたフェネックが目覚めて、
大あくびのあと、気持ちよさそうに伸びをしているところです。
まだ瞼は重たいようです。

井の頭自然文化園

佳作

#

「冬の華」

しろっぷさん

冬のペンギンエリアに華やかな彩りを添えるのは
オウサマペンギンのファミリー!
5羽並んで歩く姿は壮観です。

葛西臨海水族園

#

「気になる頭上」

ひーちゃまさん

カエルは頭上に何かいると気になっていた様子。
カエルが飛び跳ねても泳いでもしがみついて落ちなかった虫はアッパレ!!
ユーモラスなツーショットが撮れました。

井の頭自然文化園

#

「秘技・高速ドリブル!」

いとださん

上野に雪が降った日、
いつにも増してボール遊びに精進しているようでした。
ボールをドリブルして駆け回ったり、立ち上がったりと、
観客を楽しませていました。

上野動物園

#

「チューして!!」

まりりんさん

こんなかわいい表情をするので思わずホッコリしました。
つぶらな目もたまりません!

上野動物園

#

「きらきらてふてふ」

みとととさん

多摩動物公園の昆虫生態園は天国みたいなところで、
思い出すだけで幸せな気分になれるようなスポットです。

多摩動物公園

#

「還暦、ひつじ年生まれ。」

0rangutanさん

60歳をむかえたオランウータンは、
彼女が世界で唯一の個体だ。
知性に溢れ、深くて透けるような瞳で物事を分別できる、
まさに不世出のオランウータンである。
『年賀状に役立てて』と、
飼育員さんが年末に干支の布を用意した。
他の個体は被ったものの、
しかしジプシーさんは一度も被ってくれなかった。
年が明け、ジプシーさんは世界最高齢60歳の齢を重ねた。
放飼場前にひとり佇んでいると、
不意にジプシーさんがこの布を被り、空のかなたを眺めた。
『ひつじ年って今年でしょ?』
と言われたような気がして、慌ててシャッターを押した。
そして私もジプシーさんに、
『どうか元気でいてね』
と声を掛けた。

多摩動物公園

#

「ガオォ〜」

ひーたんさん

雪の日に行ってみたらレッサーパンダが
元気に走り回ってました。
可愛すぎてカメラを構えたら可愛いポーズをしてくれました。

多摩動物公園

#

「ハシビロコウだって雪が大好きなんだよ!」

marigoldさん

雪が降って寒かったため、他のハシビロコウが寝小屋にいたり、
外に居ても動きがほとんどなかったというのに、
このシュシュ・ルタンガだけは非常に活発に動いていました。

上野動物園

#

「ドヤ顔」

ロビンさん

自信満々の笑みで近寄ってきました

葛西臨海水族園

#

「厳戒態勢」

はじっこさん

寒い日はたいてい団子になっているワオキツネザルたち。
大きな音がすると、隠れていた頭がにょきにょきと…。

上野動物園

入賞作品:子供の部

キッズ賞

#

「目と目があった、奇跡の一枚」

まっちさん

大好物の笹の葉をパキパキと食べるパンダがとても愛らしく、
胸が熱くなりました。
上野動物園のナンバーワンは『パ・ン・ダ』ですね!

上野動物園

#

「つぼの中からこんにちは!」

ひかちゃんさん

かわいいモルモットがつぼから顔を出していました。
かわいくてつい写真を撮りました。

多摩動物公園

#

「くまさん、キャッチブロックしよう!」

のぞみさん

ホッキョクグマが氷のブロックで遊んでいる姿が楽しそうで、
一緒に遊びたいと思いました。

上野動物園

#

「あったかいなぁ〜」

しんのすけさん

親にしっかりつかまっている子どもの姿に
あたたかさを感じました。

多摩動物公園

#

「あなの中のあなごさん」

りかさん

あなのなかからにゅるっとでてきました。
あながすきなんですね〜。

葛西臨海水族園

主催:公益財団法人東京動物園協会

協賛:キヤノンマーケティングジャパン株式会社

チェック